FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

京都 梅鶯堂あんぱん 

地元のスーパーのパンフェスで見つけました。
あまり聞いたことのない店ですが、あんぱん1個300円という法外な値段で興味を惹かれました。
ネットで調べましたところ、梅鶯堂はプロデュースがメインで自社では製造しておらず、下請けで製品を作り、京都の嵯峨野に店舗を持っているだけのようで、デパートの催事が中心の今風の店のようです。
HPのコンセプトを見てもいろいろと書いてはありますが、何が言いたいのやら、ご自身で製造していないのでコンセプトが中心になってしまっているのだと思います。
ともかく、味の評価ですが記事は柔らかく酒粕の香りがして上品なパンです。食パンがあれば食べて見たいパン生地です。
中のあんこも上品なこし餡で、パン生地が癖がないためか、あんこの味も感じられます。
ただ、あんこの量が少ないというか、300円払って騙されたような感じです。
記事に伏見の酒粕を練りこんだとありますが、このあんこの量で300円とは相当プロデュース料が高いのではないでしょうか?
材料費を考えても、100円台の普通のあんぱんと思いますが!
味はいいのでもっと安ければ次回も購入しますが、この値段ではパスですね。梅鶯堂
スポンサーサイト



( 2019/11/15 22:28 ) Category あんぱん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。