FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オギノパン 

相模原のオギノパンが横浜駅地下街に出店していました。
オギノパンは地元給食のパンがメインのパン屋ですが、揚げパンが有名になり工場に売店を設けたところ週末には多くの客が押し寄せ有名になった店です。
全国には、各地区ことに学校給食のパン屋があり、夏休み等の長期休暇時期には仕事がなくなりますが、基本的に固定の商売が確保された商売です。無論、納入するパンは、食パンとコッペパンがほとんどで新しいパンを考案しても納品に結び付くものではありません。また、外販に手を伸ばしても、平日は給食があるため十分な生産設備が確保できません。
オギノパンも揚げパンが有名になったとは言え、週末の給食がない時がメインにならざるを得ません。
さて、肝心の丹沢あんぱんですが、材料を見ると卵が使われていますので、多少ブリオリッシュ的な生地と思われます。
中央で切ってみますと、こんもりしたこしあんと薄めの生地で、外観は和菓子風の高級アンパンそのものです。
ただ、口に含んだ瞬間に口に広がる昔のバターフレーバーがこれでもかと口に広がります。昔からの給食パンの味です。コストを抑えなければならないため、使う油脂もショートニングオイルとフレーバー飲み、使う小麦粉も味の少ないものにならざるを得ません。
使用しているこしあんは、和菓子用のあっさりとした餡ですが、生地の強烈なフレーバーにすべて負けています。
多分、コンサルタントか、コーディネーターのアドバイスで、ストーリを吹き込まれ、アンパンを新規に作り、催事場に出しながら、神奈川県内に販売店舗を広げているところだと思います。
ところが、この様なアドバイスには往々にして、肝心の製品いついてはアドバイスできない(というより味が分からない)方が多いので、製品はメーカー任せになってしまいますので、この様な製品になってしまうのは仕方ないことかもしれません。
できれば、他社の製品を食べてみて改良願いたいところですね。
オギノパン
スポンサーサイト
( 2016/10/09 22:35 ) Category あんぱん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。