FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

雪印メグミルク とろける口どけ 白プリン 

雪印メグミルクの パンダがらのデザート 白カスタードプリンと白ココアプリンです。
大容量のデザートですが、原材料は糖類、乳製品、油脂、増粘安定剤、香料と言う至極単純な配合ですので、味的にはそれほど期待できる製品ではありません。
雪印はプリンではそれほど有名ではありませんと言うより、デザートの分野では、森永、明治に大きく水をあけられています。昔はこのような製品のマーケットリーダーではあったのですが、事件後(いや前から)市場を大きく失っていました。
ただ、このような発想はどこから出たのでしょうか?この春に森永乳業が牛乳寒天?と言う製品を出しましたが、まさかその対抗品ではないとは思いますが、内容成分の単純さから言うとそんな感じがします。

さて、味の方ですが
白カスタードプリン
通常プリントは卵、乳、砂糖を固めたものですが、この製品は乳製品を固めた乳ゼリーです、風味つけに卵黄を使用しただけです。食感はプリン状ですが、カラメルソースもないかたまりです。味の方は、原料の乳製品(粉乳)と乾燥卵黄粉の粉っぽさが残り、カスタードフレーバーがたっぷりと使用された以下兄もチープな製品です。食感だけはつるりとしていますので子供や、高齢者には良いかもしれませんが、デザートとしてのレベルを求める方には不満かも知れません。
白いココアプリン
乾燥卵黄粉の代わりにココアバター(カカオの油脂分で白いチョコの主成分)を約2%使用しただけですので、味にはほとんど影響していません。ココアバター風の香料ではあまり良い物はないのでバニラのフレーバーで代替えしています。

どちらにしろこのようなレベルのデザートを雪印メグミルクが作るとは何とも考え深いものがあります。

そのようなことで今回の私の評価は10点満点中4点と言うところでしょうか!
フードアドバイサータケウチの勝手に評価でした。
P1020859.jpg
スポンサーサイト



( 2011/12/05 22:02 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。