食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新宿中村屋 フライパンでできるカレーの素 

インドカレーで有名な新宿中村屋の新製品です。
レトルトカレーは今までありましたが、レトルトのカレーソースです。カレーの素となっていますがストレートソースです。
今までカレールーは多くありますが、このようなストレートソースはなかったように思います。
レトルトのカレーとどこが違うかと言うと、具がないだけですが大変重要なポイントになります。レトルトカレーは、カレーソース、加熱した具材を容器に入れ、密封したのちに加熱殺菌します。レトルト特有のそれぞれの味が混然一体となった味になります。レストランでは、具材を炒めて、カレーソースを加え加熱して味を調えます。よってグザイの味が残りますので特徴的な味になります。
この製品は、肉を炒めてソースを加え短時間煮込むだけですので、肉の味が残ります。
中村屋のレトルトカレーが現在市販されているレトルトカレーでは最上位に入ると思いますが、今回の製品はそれおも超える出来になってると思います。どこがよくできているかと言いますと、スパイスの特徴が、レストランで食べるものによく似ています。
カレーに使用するスパイス類は、香りの強さに違いがあり、レトルトをかけると残る香り、弱くなってしまう香り等異なるためバランスが崩れてしまいます。特にカルダモンの香りは強く、カレー粉を多くしますとカルダモンのみが残ってしまいます。中村屋のインドカレーもカルダモンが特徴的ですが、この製品はカルダモンの特徴をよくコントロールできています。
今回の評価はしさしぶりに10点満点中9点というところでしょうか!
中村やカレー
スポンサーサイト
( 2017/12/08 22:24 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。