FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

森永製菓 果実のパリパリバー 3種のベリー&ショコラ 

森永製菓のアイスバー 3種のベリー&ショコラです。
森永乳業の定番商品アイスビエネッタのチョコを薄い層状にアイスの入れる技術の転用です。

森永乳業と森永製菓の関係は森永製菓が親になります。戦後の食品会社で製菓は重要な産業でありました。
何せ甘いものに飢えていることと、お茶菓子として保存性のある乾いたお菓子は大変重要な製品でした。
いなかの家庭では、食卓の上に数種類のお菓子を盛った菓子鉢が常備されていたものです。その頃は生洋菓子等もなく
森永製菓、明治製菓、グリコや日本独自のおせんべい等が定番で、製菓会社は有数の食品会社でした。
その頃の乳業会社と言えば、やっと学校の給食に白牛乳が採用されたころで、牛乳がメインでした。

しかし、世の中も平成になるころにはチルド網も全国に広がり、生のケーキや和菓子がどこでも手に入るようになって、
焼き菓子等の長期低落傾向が顕著になり、親の製菓よりこの乳業の方が大きくなってしまいました。
森永葉まだ別会社ですが、明治は乳業と製菓が合併してMEIJIになりました。

今回のこの製品も子供のアイデアを親が借りるという製品になります。
ベリーとチョコですので見た目にも、味的にもそれほどの違和感がないと思います。

さっそく食べてみましたが、なんという違和感と言うかイメージと異なる異様な味です。
ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーですのでチョコと相性のいいものばかりのはずですが
何とも言えない化粧品を口にふくんだような味は何なのでしょうか?
もともとブルーベリー自体にはそれ程香りのあるものではありませんので、ここはストロベリーとラズベリーが
来るものと想像しましたが、全く異なる物でしたた。

しばらく我慢しながら食べ進みながら必死に考えましたが、思い出したのはロッテのブルーベリーガムです。
ブルーベリーガムが世の中に出たころは、ブルーベリー自体が市場には青果がなく、ジャムが多少ある程度
でした。当然消費者はブルーベリーの味すら知らない状況でした。

そんなんか、ロッテが出したブルーベリーガムの香料はガム用にまったくイメージで作られてものでフレグランス
調の強烈な香りが女子高生に化粧品を使えない学校内でも香ると言うことで大ヒットしました。

そんなことで、その頃このガムを食べていた方々は、その化粧品的な風味をぶれーベリーと信じてしまいました。
今ではブルーベリーにはほとんど香りがないことは知られていることですが、
本製品の開発者は、まさかその世代なのでしょうか?

考えられないふれーばリングで最後まで食べることはできませんでした

そんなことで今回のわたくしの評価は10点中3点と言うところでしょうか!
フードアドバイサータケウチの勝手に評価でした。
IMG_0249.jpg


スポンサーサイト
( 2014/03/10 16:44 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。