FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サントリー グラン・アロマ 香るボス 

サントリーの缶コーヒーの新製品 グラン・アロマです。
相当な宣伝費をかけた新製品です。
今までにない華やかな香り。ボス史上、最も香るボス。秘密は、シャンパン酵母で完熟させたコーヒーチェリーを発酵させて、仕上げた「グラン・アロマ」今までにない華やかな香りをお楽しみください。
原材料的には香料を使っていない製品で、香りで勝負しようということですので、期待が持てるのかいなか?サントリーは今までにも限定で高級コーヒー豆の販売を行っていますが、その流れを缶コーヒーに持ち込んだのでしょうか?
コーヒー豆の製造方法は、コーヒーチェリーと言わる果実を摘み取り、水につけて果肉を腐らせ、中心部の種子(生コーヒー豆)水洗により取り出します。ちょうどへちまの身をくさらせて繊維をとることと同様です。
選別した種子を、天日乾燥させたものがグリービーンズと呼ばれ取引の原料になります。日本にもグリーンの状態で輸入され、国内で焙煎されコーヒー豆になります。
サントリーはこの水漬けの段階でシャンパン酵母を入れて発酵させているようです。ですが、コーヒーチェリーを食べたことがないのでわかりませんが、糖分はそれなりにあるのでしょうか?酵母の栄養源がなければ発酵はしません。ただ、身が柔らかくなることと、酵母の発行は別次元の問題です。

まあどちらのしろ、海外での操作ですので知る由もありませんのであまり詮索してもしょうがないですね。

さて、自信の香りですが、開封して嗅いでみますと確かにフルーティーな香りはします。コーヒーと言うよりコーヒーにサケを入れて嗅いだ感じです。酒もシャンパンか白ワインといった感じで、コーヒーの感じは少ないです。
多分、サントリーはシャンパン酵母による発酵時に豆に浸み込んだシャンパンの香りが、その後の乾燥工程、焙煎工程、抽出工程でも残って香ると言いたいのかなと思います。
でも、特に焙煎工程は生豆の成分が大きく変化しますのではたして残りますかどうか?この程度の味でしたら、中入りの豆で作ったコーヒーにシャンパンを1%も加えれば似たようなものはできてしまいます。とは言っても決してまずいわけではありません。

どちらにしろ、缶コーヒーには限界があり、いろいろとコンセプトを考えても切り口が多少変わるだけでそのシーズンだけで、また次のシーズンには新たな切り口を考えざるを得ないのが通常です。

そんなことで今回のわたくしの評価は10点満点で6点と言うところでしょうか!
フードアドバイサータケウチの勝手に評価でした。
サントリーコーヒー
スポンサーサイト
( 2013/08/31 21:44 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。