FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。
月別アーカイブ  [ 2013年03月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

柳家ベーカリー 

ブログを再開してから1カ月が過ぎてしまいました。
なんかバタバタとしていることと、評価用のサンプルは購入したのですが、書くのがつらくなるレベルの製品ばかりで、なんとなく書きそびれてしまいました。
先般、箱根の温泉に行った折に、小田原城に行ったことがなかったことと、梅でも見ようかと帰りに小田原によりました。小田原城を観た後に柳家ベーカリーが近くにあることを思い出し足を伸ばして寄ってみました。
小田原には以前紹介した守田製パンと柳家ベーカリーの2店があんパンで有名ですが、守田屋は駅のそばで柳家は小田原城の先と言うこともあり、急いでいるときは中々足を延ばせません。
店の作りと言うか雰囲気は庶民的な守田屋さんに比べ、柳家は老舗でございと言う雰囲気です。
また、守田屋は一人5個から10個単位で焼き立てが飛ぶように売れていきますが、柳家はすべて袋に入れた状態で売っていますので、和菓子と言う感じです。
さて、肝心の味の方ですが、あんは思った通り和菓子用のこしあんを使っています。皮が薄い分繊細な味も失われておらず合格点かなと思います。
城下町や、歴史のある町の老舗の店は、極力昔の味を守ってくれています。妙にコストダウンや、現代に迎合していないところがいいです。
東京では見られなくなった味です。でもあんこの問題ですので東京のパン屋でもできそうな気がしていますが、ほとんどが安物のあんを使っている関係か、あまり気にしていないようです。
特に、何かのデータのせいか、あんパンそれもこしあんパンは探すのが大変です。あんパンそのものを置いていないパンやも多くあります。
日本のパンの発祥はあんパンそれもこしあんパンです。ルーツはそれだけの歴史があります。特にお年寄りはパンと言えばあんパンです。もっと復権してほしいところです。
柳家ベーカリー

スポンサーサイト
( 2013/03/19 22:20 ) Category あんぱん | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。