食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グリコ ドロリッチ ダージリンティー&クリーム 

グリコのドロリッチ新製品 ダージリンティー&クリームです。
ドロリッチも最近はコンビニでもワンフェイス飲みになっていますので、新製品を出すたびにメインのコーヒーは見られなくなります。ここまで来た場合新製品を出すべきか、メインを守るかの選択肢になりますが、なかなか守りには入りずらい様ですね。守りは社内的に仕事をしていない様な評価につながるのか何かしたてい出さないといけない様な雰囲気があります。いつも申し上げますがこのような動きは最終的にメインの商品すらダメにしてしまうことが過去から繰り返されています。他社に競合品がない場合いじらず定番にしていくことが重要だと思いますが、現場では判らないようですね。

最近は、ドロリッチもアイデアが尽きてきて中々メインを超えるような製品がありません。
今回の製品はブラックティーですが、単純にミルクティーを極めれば良いのではないかと思いますが、ダージリンティーとクリームとなっています。紅茶にクリームを入れるのは、場末の喫茶店でミルクティーを頼むとコーヒー用のポーションを出すようなものです。
今回の製品の売りは、粉末紅茶葉を使用しているようですが、抹茶のイメージでしょうか?

さて、味の方ですが一口、口に含みますとゼリー部分に粉っぽいざらつきがあります。これが紅茶葉の粉末でしょうか?どの程度の粉末か判りませんが、抹茶より粗いのではないでしょうか?紅茶葉は乾燥していますのでざらつきが出ない程度の粉末化は非常に難しくなります、どうしても乾燥した植物ですのですりつぶすか、加湿凍結して粉砕する様な特殊な方法が必要になります。今回は粉末が水分を含むことで下にざらつく大きさに戻ってしまったと言うところでしょうか?
風味の方はまず紅茶ゼリーですが、ダージリンと言う割にはローズっぽいトップの典型的なブラックティーフレーバーですが添加量が多すぎます。クリーム部分はヘビーな味ですが各製品と共通品と思いますが紅茶とはとても相性がいいとはいえません。単純に牛乳のイメージでつくるべきではないでしょうか?

ドロリッチはゼリー液に乳製品のカルシウムと反応してゲル化する安定剤を使用していますが、開発者がクリーム部分を固定してゼリー部分だけをいじっているために今回のように相性の悪い組み合わせができてしまいます。
ハウスのフルーチェと同じ原理です。安定剤とカルシウムイオンの反応ですので、クリーム部分ももっといじれるはずです。

簡単な開発ではなく、もっといろいろな展開が図れるはずです。

そんなことで今回の私の評価は10点満点中4点と言うところでしょうか!
フードアドバイサータケウチの勝手に評価でした。
ドロりっち


スポンサーサイト
( 2012/08/31 21:59 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。