FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニュータッチ 懐かしの高菜とんこつ 

ヤマダイ株式会社 ニュータッチ 懐かしの高菜とんこつです。
ヤマダイの定番ブランドのニュータッチシリーズです。
ヤマダイは本来製麺メーカーです。カップ麺のメーカーとしては古手ではありますが、日清、東洋水産に比べると販売力では劣るせいか、どうしてもローカルのイメージがついて回ります。
明星もそうですが製麺メーカーのインスタント麺は、麺体は得意なのですが、スープの開発がどうしても先行メーカーに比べますと力不足になりがちです。その反面、日清等はスープ開発がメインですので、麺体はどうしても落ちてしまいます。

その点、ニュータッチのシリーズはオーソドックスではありますが、基本を守っていると言うて点では安心できる製品です。最近の、名前だけ、中味はその辺の組み合わせ程度の新製品に比べ期待を裏切られることはありません。

カップ麺はどれほどがんばっても、生めんとは違う次元の製品です。麺質の違いと短時間で吸水させることは両立できませんし、スープにいたっては濃縮そのものが限界があります。
インスタント麺は、どこまで行ってもインスタント麺です。その中でどのように味をまとめ、消費者が考える範囲に仕上げるかがポイントになります。
あまりにも手を加えることで、味のバランスを崩すより、インスタント麺の範囲内で飽きのこない味に仕上げることも一つの方向と思います。

その点、ニュータッチはそのようなポイントを守っているブランドのように感じます。

さて、肝心の味ですが、最初に多少のロースト感がありますが、肉を焦がしたような感じもしますし、高菜を炒めるときにです匂いにも感じます。本場の豚骨スープの獣臭とは異なる安心できる香りです。スープもそれほど濃くなく、むしろ薄めでありますので高菜の味と香りが強めに感じます。乾燥の高菜でこれだけの味を出すには、スープが主張していてはできません。
バランスがとれながら、それぞれの特徴を残しています。よくバランスのとれたカップ麺になります。決して高級品ではありませんが安心できる味になります。

そんなことで今回の私の評価は10点満点中7点と言うところでしょうか!
フードアドバイサータケウチの勝手に評価でした。
P1030061.jpg
スポンサーサイト
( 2012/07/30 21:30 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。