FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

明星 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ 

明星の新製品カップ麺です。
いろいろと書いてあります。
うまさ極まる ラーメンの底力  しっかりストレート麺が旨い スーパーノンフライ製法
カップ麺の麺体の製造方法には、油揚げ麺、ノンフライ麺、レトルト麺の3種類あります。
熱湯を入れて素早く戻すために、油揚げ麺が開発されました(日清チキンラーメン)麺に調味料を練りこみ蒸した後油でフライしながら乾燥させます、フライ中に麺体の水分が蒸発するとともに小さな穴があき、熱湯を入れたときにその穴に素早く湯が浸みこんで、柔らかい麺ができます。ノンフライ麺は乾燥の麺類と基本は同じですが、ただ乾燥させただけでは、麺が戻り食べられるようになるまで長時間かかります。そこで各社、麺に加工するのですが溝を入れたり、麺体を何層に組み合わせたりとしています。レトルト麺は蒸しあげた麺に油をまぶし、レトルト袋に入れて、加熱殺菌しています。
現在、レトルト麺は高級品に使われていますが、その高級タイプの売り上げが不振ですので少なくなっています。
ノンフライ麺は、袋入れ麺に多く、カップ麺の3分と言う壁でカップめんでは少ないようです。カップ麺は油揚げ面が主体ですが、油揚げ麺は独特の風味が着くことでカップ麺独特の味がどうしても残ります。ノンフライ麺はそのようなことはないのですが、戻りの遅さが致命的な欠点になります。

明星は元々乾燥めんを得意とした、麺体の専門メーカーです。即席めんをスタートしたころは、麺体の開発はしても、スープは外注でした。そのような会社ですので、中華三昧のような独特の即席めんを出すことができたのです。多分麺質だけをとらえたらトップレベルのメーカーと思います。

さて、本製品ですが、熱湯90秒とありますが、九州系の豚骨ラーメンの麺固めの麺質をよく再現できています。決して生と言うわけでなく、十分給水をしてはいますが、硬さを保っています。さすが明星と言うところです。添付スープの豚骨味は、獣臭を抑えた一般的なレベルにあります。粉末スープは醤油や味噌に比べて、豚骨は各社レベルが高くなってきています。これは内容が濃い物の方が再現しやすいと言うことになります。それは濃い物の方が油や、たんぱく形でできていますので再現が可能ですが、味噌や醤油のような発酵系の者は加工工程で発酵臭がなくなるため再現は難しくなります。
久しぶりにカップ麺で本物感を味わえる製品に出会ったように思います。
そんなことで今回の私の評価は10点満点中9点と言うところでしょうか!!!
ローソン3
スポンサーサイト
( 2011/05/31 15:18 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。