FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上生菓子 

先日、知り合いより京都の和菓子をお土産に頂きました。
くれぐれも水平にしてお持ちくださいとの注意書きがありました。

御菓子司 嘯月と言うお店のお菓子です。
ネットで調べますと、日時指定の予約でないと買えないそうです。理由はその時間に合わせてお菓子をつくryとのンことのようです。
出来立ての菓子と言うと、ものすごく上等な菓子になります。
和菓子でも、上生菓子はもっとも高級な菓子にあります。職人の手作りで素は御茶席用の菓子になりますので、お茶会兄合わせて作る菓子です。
最近は、ちょっとした菓子店では見かけますが、どうみても日にちが立って乾燥したような(そのために個包装の容器入りになっています。
東京では、上生菓子の老舗と言うと銀座立田野が有名です。喫茶も併設している関係でいつも新鮮なものが入手できます。
でも、嘯月はその上を行くというわけです。
基本的に、上生菓子は餡が主役になります。味は餡の質で基本的に決まります。
あとは、見た目と食感に左右される商品二なりますので、基本の餡に自信がなければ作れません。

嘯月のご主人は、東京の虎やで修業をなされて、京都に店をかまえたそうですが、その折に虎やから、虎に関する屋号を許可されて嘯月この名前になったそうです。
嘯月のどこにトラが関係するかと言うと、嘯月と言う漢字の意味は、月に吠える虎と言うそうです。

まえがきはこのくらいにして、いただいた菓子は写真の様に4種類の詰め合わせです。
種類は、上生菓子の基本であります、きんとん、練切、求肥饅頭、じょうよ饅頭になります。
私の個人的な好みは何といっても「きんとん」につきます。
センターのこしあんの周りを各色に色付けされた白あんベースのきんとん生地で季節を表しています。
一口口に含みますと、ほろりと解ける周りの記事の後にセンターのこしあんが上品に後半を絞めると言う流れがあります。
今回いただいた菓子の中ではあ、やはりきんとんが抜きんでておいしいん仕上がりになっています。
大変おいしいものをいただきました。

今度京都に行く機会があれば、ぜひ予約をして次の季節の商品を味わってみたいものです。
01de3889a9660fa8eea9a9c585c2ae877621c38408.jpg
スポンサーサイト
( 2015/02/12 17:12 ) Category 独り言 | TB(0) | CM(0)

日光温泉旅行 

先週、久しぶりに日光へ温泉旅行二行ってまいりました。
宿泊は、奥日光森のホテルと、奥日光湯元温泉です。日光市内は雪が舞っている程度でしたが、
迎えに来たホテルの運転手は、奥日光はふぶいていたとのことで心配しながらの工程でした。
奥日光に着いた時は雪も止んでいましたが、一面雪世界でした。
今回は、温泉目当てでしたので、外に出ることはないので雪見の露店がメインです。
館内は床暖房されており、寒さも感じず快適な館内でした。
温泉は五百井系の源泉で、湯の花が浮いてはいますが、大変素晴らしい湯でした。
露店風呂も雪の中の風呂と言う期待通りの風呂でした。
さて、今回の日光のもう一つの目的は、日光金谷ホテルの百年カレーと金谷ホテルベーカリーです。
昼過ぎに到着して、ホテルの迎えまで1時間少しありましたので、駅前の金谷ホテルベーカリーのカフェに入りました。
早速、金谷ホテルのビーフカレー(972円)を注文いたしました。
出てきたカレーは、よく煮込まれたカレーでさすが百年ものと(笑い)関心しました?
口に含みますと、どこか食べた記憶のある食感とわずかに香るカレーの香り、つまりレトルトカレーです。
レトルトカレーを972円とはさすが観光地のカレーです。
無論、百年カレーのれ鶏とバントは思いますが、がっかり物でした。
翌日、ホテルから日光に送っていただくときに、温泉の話をしましたら、中禅寺湖温泉は、
中禅寺湖金谷ホテル以外はすべて湯元温泉から湯を引いているとのことでした。
中禅寺湖湖範に多くの温泉旅館がありますが、その温泉が湯元からの引き湯であったとは驚きました。
午前中に、輪王寺、と東照宮を拝観し他の地にいよいよメインの百年カレーを食べに金谷ホテルのカフェに向かいました。
日光金谷ホテルの創業者は、箱根富士屋ホテルで修業を積んでのれん分け的に日光にホテルを建設しました。
そんなわけで、ホテルの外観、内装ともどこか箱根の富士屋ホテルに似ています。
ただ、少しこじんまりと言うか、質が落ちるというかただ、古いホテルと言う感じがしました。
百年カレーが食べられるのはコーヒーラウンジ メイプルリーフになりますが、
なんとなく殺風景なトイレの横と言う位置になります。
百年カレーは2025円とさすが昨日のレトルトとは違います。
出てきたカレーは昨日とは大きく違いしっかりとした肉の塊と、サラサラの黄色いカレーソースの製品です。
食べてみますと、肉は鋭角に切られた物で、肉そのものには味がついていません。
ソースはあまりしつこくなく、カレーのスパイスが香るソースになっています。
さて、100年前のカレーと言うと、どのようなカレーになるでしょうか?
日本製のカレー粉にの始まりは、エスビー食品が今から2年前に当時日本に輸入もの出は入っていた
イギリスのC&Bカレーだけであったと思います。
C&Bカレーは現在日本のネスレが製造販売を行っています。エスビーの赤缶はC%B をイミテーションしたものと言われています。
カレールーで作るカレーと異なり、カレー粉出カレーをつくる場合小麦粉を炒めて、カレー粉を加え香りが出たところで
ブイヨンで薄めてカレーソースを作り、肉と具材を炒めた物に加えて煮込みます。
この百年カレーは、ブイヨンを作る段階で、具材の牛肉を一緒に煮込みエキスをブイヨンい移します。
ソースは玉ねぎを炒めた物を加えて煮込んだものです。
注文を受けてから、冷えた牛肉をカット(その関係で鋭角な切り口の具材となっています)して、カレーソースで軽く
煮込んで提供されていると思います。
そんなん関係で、肉は固く味がしみ込んでいないカレーになっています。
せめてカレーソースで塊を煮込んで置けば味が染みるのですが?

どちらにしろ、2000円のカレーとしてはさみしいものです。
今回、ニック金谷ホテルには初めて訪問しましたが、ちょっとがっかりしました。

日本のクラッシックホテルと言うと、箱根宮ノ下の富士屋ホテル、日光金谷ホテル、奈良ホテル、横浜グランドホテル
軽井沢万平ホテルですが、奈良ホテルは訪れる機会は少ないと思います。横浜グランドホテルは近日中に宿泊するつもりでいます。富士屋、万平はすでに宿泊済みですので、金谷をいつ行こうか考えていましたがしばらく行く機会はないかなと思っています。

また、金谷ホテルベーカリーですが、10年以上前はおいしかった記憶はありますが、今は今市市内に工場をって拡販しているとのこと、大幅に味を落としてしまったことは残念です。
軽井沢の浅野やも四谷三丁目の店があったころは、職人が石窯で焼いておりおいしくわざわざ買いに行ったものですが、現在は都内に工場を建てあちらこちらで販売しています、当然味ははるかに落ちたものになってしまっています。
商売ですので、拡販のいいのですが、手作りの味も守ってほしいものです。
( 2015/01/22 23:01 ) Category 独り言 | TB(0) | CM(0)

日本の行く末 31  都知事選挙 

昨日、細川氏が東京都知事選への立候補を表明しました。
脱原発で小泉元総理の支援を受けて共闘するとのことでした。

都知事選に脱原発と言う国家問題を争点にするべきでないとの意見も多くあるようです。
本来なら2大政党制がしっかりと根付いていれば、原発問題もちゃんとした議論ができていたと思いますが、
子供以下の菅総理以降の民主党政権の幼稚さゆえ、選挙で大敗した結果、自民公明と政権にすり寄る野党により
大政翼賛会的な現政権のもと、何の議論もないままあらゆる法案が成立しましたし、原発再稼働はいつの間にか
既成事実化してしまいました。

このままの状態では時期衆議院選挙までに、国民にとって都合の悪い(国にとっては都合のよい)法案はすべて通過してしまい、気が付けば戦前のような状態になっていってしまいます。

今回の都知事選は、確かに東京のトップを決める選挙ではありますが、自民党が舛添氏を支持するのでありますので政党選挙でもあります。当選は間違いないと言われた事前予想に対し、細川・小泉連合は政党の支持を受けずに戦います。

つまり、世論を味方につけなければ勝算はない選挙です。
今回の選挙は、ある意味巨大化した自民・国家権力対市民の戦いになります。
言い換えれば、日本の将来への選択の選挙ともいえます。

なぜ、政府、官僚等の国家権力は原発再稼働を急ぐのでしょうか?
それは、原発の再稼働なくして国家権力維持ができないと言うシステムが動いているからです。(原発ホワイトアウトによく書いてあります)震災以降そのシステムを再稼働するために、民主党政権をほうむりさり、がむしゃらに進んできました。

猪瀬東京都知事の問題も、ある意味見せしめの様にも見えます。今、地方の首長の多くは原発再稼働に反対しています。
国家権力に逆らう知事はこうなるという見せしめに感じてなりません。沖縄の仲井知事の辺野古容認への転換も何かこのような背景を感じてなりません。

話は戻りますが、細川・小泉連合が勝利した場合、そのあとはどうなるのでしょうか?
全国の脱原発派は勢い着くことでしょう。既存政党の議員のなかにも脱原発を鮮明に表明して離党するのではないでしょうか?
野党再編ではなくて、新規に脱原発派の結集ではないかと考えています。そのような状態になれば、既存の政党をベースにした新党ではなく、個人のイデオロギーによる新党になります。自民党政権も過半数割れを起こせば、選挙になります。
ここで、原発に関しての国民投票の選挙になるわけです。これこそ日本の将来を国民が決める選挙になるわけです。
この選挙は原発だけではなく、既存の国家権力体制の是非をも決める重要は選挙になります。

すでに、政府御用マスコミや、御用評論家が世論誘導を初めています。方法は、細川・小泉の記事は最低限に抑え、イメージダウンにつながる報道をすることで、浮動票が細川氏に流れることを防止しようすることです。
各マスコミの動向を見ていると、国民が知りたい内容とは異なりあからさまな操作が見えてきます。
今朝の読売新聞など、一面トップに舛添氏の立候補を掲げ、その横に細川・小泉会談の記事でした。読者が知りたい記事で言えば細川・小泉会談だと思いますが、読売は御用新聞として、舛添優先と言うことになります。
佐川急便問題も細川氏以外の国会議員の多くが絡んでいました。これは佐川急便の急成長と細川政権が権力の尾を踏んでしまった結果であると思います。

今回の選挙も、国家権力に挑む選挙ですので、次から次へとなにが出てくるかわかりません。
小沢氏の西松建設問題の様に、検察のでっち上げも通る日本ですので、醜い選挙になると思います。
でもその情報操作に負けてしまえば、日本の将来は暗いものになってしまうような気がしています。

( 2014/01/15 22:27 ) Category 独り言 | TB(0) | CM(0)

消費税 

昨日、消費税の予定通りのアップが安倍首相から表明されました。
午後6時からの記者会見は各テレビ局が中継しましたが、民法各社は途中でコマーシャルに切り替えたり、途中で打ち切りました。最後まで中継したのはNHKだけでしたNHKは国営放送ですので当たり前だとは思いますが、民法各社は、消費税上げは決まっていることなのであえて中継は必要ないと考えているのか、バラエティー化した夕方のニュース番組にふさわしくない(視聴者は喜ばない)と考えたのでしょうか?

日本においてはジャーナリズムと言う言葉も地に落ちたものです。でも一番おかしかったのは、最後の質問の場面で、どこの記者か記憶がありませんが、消費税と景気対策の首相記者会見に対する質問が外交問題、特に周辺諸国との今後の対応をどうするのかと言ういうような、的外れと言うか、あなた何を聞いていたのと言うようなレベルの低い記者がいたことには、空いた口がふさがりませんでした。首相記者会見等は前もって質問事項が提出されており、回答も用意されているものですが、この様な質問を選んだ官邸側の考えは、余興なのか、あまり突っ込んだ質問をしてほしくないのかと思います。自由に質問されては、ぼろが出てしまいますので。

安倍首相は、消費税上げは、社会保障の充溢に充てると言いながら、昨日の記者会見では景気対策の話がほとんどでした。消費税の増額分は社会保障といいながら、同じ口で景気対策に5兆円をつぎ込むと言ってはいますが、財源はどこから来るのでしょうか?赤字国債の発行と言うところでしょう。でも財政再建と言いながら赤字国債の残高を増やし続けるということは、どこかにしわ寄せが行きます。

すでに、介護関係においては切り捨てが始まろうとしています。土地と現金を老後のために蓄えている老人においても一人1000万円以上あったら特老には入れません。特老に入りたければ、金を使ってしまいなさいということです。そうすれば消費は上向きます、老人ですので、金を使うとすれば消費財の高いもの車や家電を買うしかありません。

なぜ社会保障に財源が必要なのでしょうか?介護の世界においても、特老の数が足りませんが、今後介護の予算も使い切っていますので、施設の増築も望めません、よって当然在宅介護にシフトを移せざるを得ません。在宅介護となると、ヘルパーも足りませんので増やさなければなりません。要支援の方々のデイサービスも打ち切りになります。厚生労働省も今後の介護の中心は地方自治体に押し付けています。
消費税のアップ分も地方自治体の裁量に任せるわけですので、裕福な自治体と、貧乏な自治体では対応が大きく異なります。今後、自治体ごとの介護の差が大きな問題化してくるのではないでしょうか?

景気対策で、法人税減税がメインになっていますが、今日本の製造業が設備投資を国内で行うでしょうか?すでに大手企業の多くは生産拠点を海外の移していいます。今春のタイの大洪水の時のニュースで、水没した工業団地の企業に日本企業がどれほどあったことか、知らずにニュースを見たら、日本国内の洪水か間違えるような映像でした。
産業構造は10年単位で大きく動いています。日本においても、経済関係の団体の重心企業が日本の経済の中心にはなってきていません。自動車も円安で利益が出ているだけで、すでに欧米では韓国車大きく伸びてきています。今後はインドの低価格車が大きく世界市場を席巻することでしょう。家電いおいても、白物家電からの撤退、一時期世界最高を誇った携帯電話からの撤退と、韓国、台湾、中国勢から今後引き離されていくだけです。

なぜでしょうか?消費材は、同様の性能、内容ならば価格の安いものが売れるという原理原則があります。ただ、一つだけその法則に会わないものと言えば、高級ブランド品(普段使いではない)ものがあります。時計で言えば一時期芸能人がローレックスを誇っていると、一般人がみんなローレックスをもつようになりました。そうしますと芸能人は、100万円以上のほかもメーカーをもつようになります。つまり他人とは違うものを持つ優越感を刺激するものが消費財ではないブランド品となります。

すでに日本の製造業は、コスト面において新興国に負けています。それでもそれらの国々と争うとするところに無理があります。その無理をするために下請け企業をいじめ、従業員の給与を据え置いてきただけです。そのようなことを続けてきたことで製造業の宝である、技術者が育たなくなってしまったのです。新しい技術者が育たなければ、新しい製品も生まれません。

今日本で、世界から注目されている技術は、ほとんど中小企業ばかりではないでしょうか?

今、ホンダが世界から注目されるのはロボットであり、車ではないと思います。今秋、フイットの新型を、燃費をメインに発表しましたが、技術者の言葉で、ホンダの技術のメンツにかけて世界最高の燃費車を作る意地があったと言っていますが、どこに消費者の気持ちがはいっているのでしょうか?サンデードライバーにとって燃費がそれほど気になりますでしょうか?それより不慣れな運転をサポートするシステムや、価格が重要になります。
市場と遊離したメーカーは衰退していくものです。むろん商用車に特化しているというのなら別ですが!

製造業は時代の流れと大きく連動しています。過去の流れを見ても、製造量から高品質へと流れていくものです。その変化に対応したメーカーが存続するものです。そのためには、人を育て、技術を蓄積して、ブランドを育てたものの勝ちです。経営者が自分の地位と給与を守ろうとしていたら、何の進歩もありません。

家電、自動車メーカーは来年3月までの売り上げは、駆け込み需要で大変利益を上げるでしょう。しかし、4月以降の消費冷え込みで売り上げは大きく落ち込むことでしょう。ちょうどテレビ業界の地デジ化後の落ち込みは家電各社の経営危機を引き起こしましたが、来年4月以降はすべての部分にわたることですので、家電メーカーのいくつが生き残れることかと思うと心配と言うより、恐怖を感じます。

今回の経済再生の5兆円が、結果的にはそのようなメーカーの救済に使われては、延命に手を貸すだけでなんら経済の再生にはつながらないように思います。来年度の売り上げが悪くなるのに、従業員の給与に回すわけもありません。すでに、労働基準法を改正して、従業員の解雇をしやすくする方向で動いています。

来年の今頃は、大変なことになっているかもしれません。心配でなりません。


( 2013/10/02 11:47 ) Category 独り言 | TB(0) | CM(0)

福島原発 汚染水問題 2 

昨日のブログで私自身の情報収集がだいぶ遅れていました。
井戸の問題はすでに何本か掘ってあるようです。
ただ、その井戸からくみ上げた水に放射能が検出されるため、海には流せないようです。
なぜでしょうか?簡単なことでした。井戸より上流(山側)に急造の汚染水タンク置場があります。
すでに一部のタンクからは汚染氏が漏れて地中にしみこんでいるということですので、汚染は当たり前です。

井戸を掘るなら、もっと上の汚染されていないところから掘らなければなりません。
現在は、地元漁業者と汚染されて水を流す許可をもらう話し合いをしているというところらしいです。
すでに、原発事故以降、毎日数百トンの水が海に流れこんでいるとの報道もあります。
なぜ、福島原発周辺の海域を漁業禁止区域にしないのでしょうか?地上の農作物と異なり、魚は食物連鎖が常識です。福島沖の小魚に含まれる放射能は少量でも、それを餌にする大型魚は餌の分蓄積されます。
確かに海に流せば、薄まるかもしれません。でもゼロにまるわけではありません。放射能廃棄物、汚染物質の処理技術を持たない日本では、世界から非難を浴びてもやらざるを得ないのかもしれませんが、たれ流しの事実すら隠しているのが現実です。
流せない理由に漁業権を絡めるのも何か責任転嫁にすぎないような気がします。

簡単に言えば、山側に再度井戸を掘ればいいことだと思いますがどうなのでしょうか?

また、冷凍壁はこれから研究を行い早くても1年後とのことです。それまでは現状維持ということですと10万トンレベルの垂れ流しということです。

会議や、調整を行っている暇はありません。すぐ動くことです。
( 2013/08/09 16:28 ) Category 独り言 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。