FC2ブログ

食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食生活アドバイサー  1 

私が食生活アドバイサーの資格を取ろうと思った理由は以下のようになります。
・食のコンサルタントを始めるのに何か名前がほしいと思った
・時間とお金がかからない
・自分の今までの経験を生かせるなるべく幅の広い資格(専門的な範囲)
前にも書きましたが、多くの資格は段階的に下級から受験しなければなりません。また受験に際して講習への参加、テキストの購入等、時間とお金がかかるが丸覚えすればなんとかなるようです。また、主催者のバックボーンにより出題傾向が分かれることと、受験に際しての特典(栄養士なら上級から受験可能等)があります。

私は食品業界で36年加工食品を中心に活動してきましたが、前回も書きましたように加工食品の製造は細分化されておりトータルの組織がなく資格等もありません。しかし皆様が日ごろ食している食品の半分以上は加工食品もしくは原料になります。   
現代の食を語るに加工食品の知識なしに語ることは不可能です。よって多くの資格は日常的な食の問題に、食材、料理法、マナー、盛りつけ、お店作り、食習慣等の分野を肉付けして、問題を作成するに当たりマニアチックな世界が出題されます。ですから丸暗記が有効になります。民間資格ですから、出題者の思い込み等もあり、正解がいくつもあるような問題も出てきます。でも正解は決まっています。食生活アドバイサーの試験でも正解が何通りかある問題があり、出題者の意向が判らず苦労したものです。
また、食生活アドバイサー試験に合格した後、手紙で会員登録への誘いがあり、入会金5000円を振り込みましたが、しばらくしてあいさつ状と会報が届きました。会報に書かれていた内容で驚いたことに「自らアピールしてご活躍してください」的なことが書いてあったように思います。お金のない協会で協会自らがアピールできない、また多少専門的な内容のため、たぶんメンバーは業界や学会のご引退なされた方々が中心ではないかと思います。
ただ、受験にあたって問題集を購入して間違い修正の段階で、改めて勉強のしなおしができたことは感謝しています。
今後、食生活アドバイサーを皆様にご理解いただくために、出題範囲や問題等を順次追加していきたいと思います。
スポンサーサイト
( 2010/11/22 22:21 ) Category 食生活アドバイサー | TB(0) | CM(0)

食の資格ー2 

食の資格と言っても、そもそも食の世界はどんなものでしょう。食の原料と言いますと、農産品、水産品、畜産品が主要原料になります。それぞれ品種、産地、収穫時期等さまざまなものがある共に、日本には世界中からありとあらゆる原料が輸入されてきています。生鮮食品の多くも輸入ものです。これら食品原料は、流通経路を経て、そのまま家庭に行くもの、料理店に行き調理されるもの、加工メーカーの工場へ行き加工品になるもの等行き先により様々な経路があります。家庭や、料理店では調味料等により加工されますが、加工メーカーでは調味料でも一般家庭とは異なる配合調味料や、添加物が使用される共に保存性を高めるための加工方法が用いられます。このように食の世界は、生鮮食品原料から、流通、加工用原料、加工方法、保存方法と大変守備範囲の広い世界です。結構権威のある資格として「技術士」という資格がありますが食品に関連のあるものは農業技術士のみで食の世界ではほんの一分野でしかありません。また、食品の加工の会社に勤めたとしても、一生で学べる世界はその会社の扱っている製品でしかなく、専門的かもしれませんが狭い世界でしかありません。私もできるだけ広い世界を学びたく広く浅くをモットーにしてきたことと、その世界の専門家を友人に持つことでカバーをしてきたつもりです。でも、いざコンサルタント業を開くとに感じたことは、まだまだ知らない世界が多いことでした。これからはせいぜい横のつながりを増やしてカバーしていきたいと思っています。食の資格に話を戻しますと、資格を制定しようとするグループの専門内容が中心になりますので、いくらでも資格化は可能と思います。いい例が西と東の大手料理学校がそれぞれ資格を運営しています。前回書きましたが、民間資格の多くはなぜか何段階もありそれぞれに費用がかかること、栄養士や調理師免許を持つ方々には特典(上級から受験できる)があります。また、ほとんどの資格が知識重視なこと、当たり前かもしれませんが知らなくてもいいような細かい知識が試験に出ることと、実務経験や技術は求められません。ですから学生でも資格が取れて、就職の段階で資格を列記する訳です。しかし、実務経験のない知識だけの資格に何の意味があるのでしょうか?運転免許でいえば筆記試験に受かっただけで、実技はこれからといった段階です。仮免前の状況だと思います。どちらにしろ食に関する民間資格は山ほどありますし、これからも増えていくでしょう。ただ、怖いのは有資格者だとなんでも知っているように普通の人は受け取ってしまいます。結論を言えば、どんなにたくさんの資格を持っていようと、2日の講習でとれる食品衛生管理者の資格がないと飲食店は開けません。これが食の資格の現実ではないでしょうか!
( 2010/11/15 16:42 ) Category 食生活アドバイサー | TB(0) | CM(0)

食の資格、1 

食に関する資格は大変多く、調べ尽くせない感じです。マスコミでよく目にする資格はフードコーディネーターがあります。最近は食育インストラクターの資格も目にするようになりました。食に関する国家資格は栄養士、調理師等6種のみで、あとは民間資格になります。民間資格ですから料理学校が主催したり、協会が主催したりと千差万別です。皆様が飲食店を開こうとするとき資格が必要でしょうか?調理をするのだから調理師免許が必要でしょうか?実は必要ないのです。食品衛生管理者の資格(2日の講習で取得できます)があればお店を持ち自ら調理することができます。(東京都ではふぐに関しえては免許が必要です)では、なぜこのように多くの食に関する資格があるのでしょうか?極論かもしれませんが、主催者側は商売としての収入、取得者側は就職、転職の際の条件になっているのではないでしょうか?私が取得しました「食生活アドバイサー」は試験のみで、上級の2級もいきなり受験できました。受験料と入会金合わせて12000円で済むことと、食の専門知識が中心になっていましたので取得いたしました。ただ、そんなことでお金のない協会ですので、地味で取得しても何のサポートも期待できません。他の資格も調べましたが、下級から一段ずつ上がらなければならないこと、その都度講習や何やらで上級取得までに10万円以上、ものによってはもっと費用のかかるものもあります。また講習を受けないと取得できないもののありました。国家資格は学校に通わなければ取得できません。ただ、現実には先の国家資格を取得しても引く手数多かと言うとそうでもありません。女子大の家政科を出ると栄養士の資格を取れますが、いま栄養士だけでは就職は難しいようです。栄養計算ソフトがありますので栄養士でなくても計算はできてしまいますので、栄養士プラス他の資格を在学中にとるようになっているみたいです。「食生活アドバイサー3級」は学生の集団受験が多いようです。でも知識だけで経験のないアドバイサーに何ができるのでしょうか?考えさせられる現状です。次回は食の資格がなぜこのように多いのか、また、資格制度自体が難しいのかを述べてみたいと思います。
( 2010/11/11 22:44 ) Category 食生活アドバイサー | TB(0) | CM(0)

食生活アドバイサーとは 

食のコンサルタントをスタートするに当たり、何か資格をと思いいろいろと調べてみました。試験のみで取得が可能な資格として「食生活アドバイサー」の資格があり、食全般に関する知識には多少の自信がありましたので今夏の試験で2級(1級はまだありません)を取得いたしました。このカテゴリーでは、食生活アドバイサーの内容の説明と共に、食に関する各種資格の背景に関して調べた内容を述べてみたいと思います。
( 2010/11/10 22:13 ) Category 食生活アドバイサー | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。