食のよろず相談

食のコンサルタントです。食に関する情報交換や、発信をしていきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポンパドウル、アルプス 

たまに川崎に行くと、パン屋が多くどこのパン屋にするか迷います。箱根ベーカリーが出店していますが、アンパンがないのでいつも素通りして、結局ポンパドウルに行くことになってしまいます。
新年ということもあり新製品もあったのですが、一番下の棚にデニッシュ生地の丸い製品が隠れるようにありました。名前を見ると「アルプス」アルプスと言ったら山の名前だけど、どう見てもドーム状の丘でしかない外観で商品札の間違えかなと思い説明を見ると「デニッシュ生地で包んだアンパン」と書いてありました。
もう名前などどうでもよく購入してみました。私の究極のデニッシュ生地のアンパンかもしれないと家にかえって早速食べてみました。
私の求めるものには、まだまだ遠いですがバターの風味と柔らかい生地と、通常のアンパンとは異なる世界の製品には仕上がっていると思います。
和菓子から進化した銀座木村屋のアンパンと比較すると、デニッシュ生地のアンパンは洋菓子の分類に入る製品の様に思っています。その意味で、今回のアルプスは、まだまだ通常のアンパンの生地を変えたレベルの製品です。
多分、バターの量が通常のデニッシュなのでしょう。バターの量をもっと増やし、1枚ごとの生地の厚さをもっと薄くすれば、もっとふわふわの生地になるのではないかと思います。
それでも、デニッシュ生地のアンパンとしては高い仕上がりと思います。また買いに行きますので残しておいてください。ポンパ、アルプス
スポンサーサイト
( 2018/01/11 21:55 ) Category あんぱん | TB(0) | CM(0)

新宿中村屋 フライパンでできるカレーの素 

インドカレーで有名な新宿中村屋の新製品です。
レトルトカレーは今までありましたが、レトルトのカレーソースです。カレーの素となっていますがストレートソースです。
今までカレールーは多くありますが、このようなストレートソースはなかったように思います。
レトルトのカレーとどこが違うかと言うと、具がないだけですが大変重要なポイントになります。レトルトカレーは、カレーソース、加熱した具材を容器に入れ、密封したのちに加熱殺菌します。レトルト特有のそれぞれの味が混然一体となった味になります。レストランでは、具材を炒めて、カレーソースを加え加熱して味を調えます。よってグザイの味が残りますので特徴的な味になります。
この製品は、肉を炒めてソースを加え短時間煮込むだけですので、肉の味が残ります。
中村屋のレトルトカレーが現在市販されているレトルトカレーでは最上位に入ると思いますが、今回の製品はそれおも超える出来になってると思います。どこがよくできているかと言いますと、スパイスの特徴が、レストランで食べるものによく似ています。
カレーに使用するスパイス類は、香りの強さに違いがあり、レトルトをかけると残る香り、弱くなってしまう香り等異なるためバランスが崩れてしまいます。特にカルダモンの香りは強く、カレー粉を多くしますとカルダモンのみが残ってしまいます。中村屋のインドカレーもカルダモンが特徴的ですが、この製品はカルダモンの特徴をよくコントロールできています。
今回の評価はしさしぶりに10点満点中9点というところでしょうか!
中村やカレー
( 2017/12/08 22:24 ) Category 勝手に評価 | TB(0) | CM(0)

懐かしのホットケーキ 

前回のブログ更新からあっという間に1年が過ぎました。たまに気になったサンプルを購入するのですが、食べないうちに市場から消えてしまったりと、仕事にかまけて更新できませんでした。気分次第ですが少しずつ更新しようかと思います。

さて、昨日久しぶりに鎌倉へ行ってきました。宇都宮線の事故の関係で、鎌倉行きの電車が不定期のため、藤沢経由で長谷まで行きました。久しぶりの江ノ電でしたが、毎度のこと狭いとところをよく走りますね。近隣は再開発もできずにますますさびれていく感じがしました。長谷に着き、長谷観音に参詣しましたが、外人と高齢者ばかりの状態でした。最も日本人は平日には学生を除き仕事をしているのですから仕方ないですね。長谷寺で驚いたのは入館料と、何度ものお賽銭等でえらく取られたのに驚きです。その分トイレ等はきれいになっていますが、商売上手ですね。
その後、海岸線沿いに進み一の鳥居から若宮大路から小町通の通常のルートで途中鎌倉野菜を購入したり、しながら散策しました。最後に一休みしたいのですが、どこも満席、空き待ちの状態でしたが、小町通沿いですがビルの奥に暇そうなホットケーキやを見つけました、覗くと案の状誰も客はいません、メニューはホットケーキと飲み物だけで、ホットケーキのトッピングも6種類ぐらいとシンプルな構成です。しばらくすると飲み物とこんがりい焼けたホットケーキが出てきました。バターを塗り、黒蜜をかけ口に運びましたが、あれ?と言う感じがしどこかで食べた味、それも数十年前に食べた味だなと思いパンフを見てみました。
今は亡き神田フルーツパーラー万惣で修業したシェフの店ではないですか!今はやりのパンケーキとは一線を描く(とはいっても基本的には同じものですが)ほんのり甘く、ふんわりとした伝説のホットケーキです。今のパンケーキはトッピングで勝負するような感じで。本体はどこも同じというような代物ですが、このホットケーキは余計なものはいらないという存在感があります。
帰り際に築きましたが、厚手の銅板で約に貸しながらの手法でした。
神田万惣は支店はありませんでしたが、唯一独立した方が鎌田の東急にフルーツパーラーを構えており、高校時代に何度か通った記憶があります。また、社会人になった時も勤め先が神田でしたので、何度か足を運びました。
でも、40年近く忘れた味にめぐり合い幸せな一日になりました。今の若い方々と外国人にはホットケーキと言っても伝わらないのかもしれませんね。巣鴨にでも支店を出せば当時の味を知っている方で満席になるのではないでしょうか?

鎌倉ホットケーキ倶楽部
鎌倉市雪ノ下1-6-6  (せんべいやの裏)

ホットケーキ倶楽部
( 2017/10/25 15:11 ) Category おいしかった | TB(0) | CM(0)

千駄木リバティー 

通称谷根千と呼ばれる谷中、千駄木に行ってきました。
谷中銀座を出て左に曲がり千駄木の近くに、リバティーというパン屋があります。ネット上はブドウパンが有名ですが、ブドウパンとあんパンを購入しました。小さなパン屋で種類もそれほど多くはありませんが、丁寧な仕事をしている様に感じました。
さて、アンパンを取りますとずっしりとした重さに期待が高まります。
早速切ってみますと写真の様に案がたっぷりと入っています。以前紹介した戸越銀座のこみねパンと同様です。
肝心の味の方ですが、パン生地は柔らかく変なフレーバーのにおいもなく昔ながらのパン生地です。肝心のあんこもくどくなくあっさりとして、あんこの漁の多さを感じさせないバランスです。
いつもくどい質の悪いあんこが多いアンパンが多いこの頃ですが、これほどの質の製品にはなかなか巡り合えません。
個人のパン屋ならではの質を感じます。
餡も多分しっかりとした製餡屋の物を使用していいると思います。
千駄木リバティー
( 2016/10/30 16:47 ) Category あんぱん | TB(0) | CM(0)

オギノパン 

相模原のオギノパンが横浜駅地下街に出店していました。
オギノパンは地元給食のパンがメインのパン屋ですが、揚げパンが有名になり工場に売店を設けたところ週末には多くの客が押し寄せ有名になった店です。
全国には、各地区ことに学校給食のパン屋があり、夏休み等の長期休暇時期には仕事がなくなりますが、基本的に固定の商売が確保された商売です。無論、納入するパンは、食パンとコッペパンがほとんどで新しいパンを考案しても納品に結び付くものではありません。また、外販に手を伸ばしても、平日は給食があるため十分な生産設備が確保できません。
オギノパンも揚げパンが有名になったとは言え、週末の給食がない時がメインにならざるを得ません。
さて、肝心の丹沢あんぱんですが、材料を見ると卵が使われていますので、多少ブリオリッシュ的な生地と思われます。
中央で切ってみますと、こんもりしたこしあんと薄めの生地で、外観は和菓子風の高級アンパンそのものです。
ただ、口に含んだ瞬間に口に広がる昔のバターフレーバーがこれでもかと口に広がります。昔からの給食パンの味です。コストを抑えなければならないため、使う油脂もショートニングオイルとフレーバー飲み、使う小麦粉も味の少ないものにならざるを得ません。
使用しているこしあんは、和菓子用のあっさりとした餡ですが、生地の強烈なフレーバーにすべて負けています。
多分、コンサルタントか、コーディネーターのアドバイスで、ストーリを吹き込まれ、アンパンを新規に作り、催事場に出しながら、神奈川県内に販売店舗を広げているところだと思います。
ところが、この様なアドバイスには往々にして、肝心の製品いついてはアドバイスできない(というより味が分からない)方が多いので、製品はメーカー任せになってしまいますので、この様な製品になってしまうのは仕方ないことかもしれません。
できれば、他社の製品を食べてみて改良願いたいところですね。
オギノパン
( 2016/10/09 22:35 ) Category あんぱん | TB(0) | CM(0)
プロフィール

フードアドバイサー・タケ

Author:フードアドバイサー・タケ
食のよろず相談のブログへようこそ!    
子供の頃よりの料理好きがこうじて、食品業界で36年お世話になりました。食の世界の新しい可能性を求めてフードアドバイサーとしてスタートしました。食の裏表や、新しい視点を発信できたらと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。